原状復帰の際の注意点|入居者が全てを負担するわけではない

メンズ

部屋の回復と業者選び

3人の作業員

賃貸物件と部屋の状態

賃貸物件に入居し退去する場合、入居者は入居時と同じ状態に戻してから退去する原状復帰の義務がある。オーナーは、敷金などで預かったお金で修復工事を行なったり、その費用のみでは足りない場合には追加で料金を徴収したり、一部オーナー負担で工事を行なったりする。原状復帰においては、注意事項もある。まずは、入居者は全ての状態を元に戻す必要がないということがある。通常生活する範囲での劣化については原状復帰の義務がない為、オーナーの負担で修復しなければならない。この場合、悪い状態で部屋を放置し、次の入居者を探す場合、入居者に古い建物とのイメージがつき、新しい入居者が見つからなくなる可能性が有る。その為、一通り綺麗な状態に改修することが重要になる。

業者比較

原状復帰の工事を行なう場合には、ポイントとなることがある。そのポイントとしてまずあるのが、業者により工事費用が大きく異なるということがある。工事では、クロスの張り替えや畳の交換、フローリングの張り替えなどを行なうことが多い。これらについては、面積当たりで費用が設定されていることがあり、広い部屋ほど費用が多くかかる傾向がある。その為、これらの原状復帰工事を依頼する場合には、複数業者から見積もりを取って比較しながら依頼することがポイントになる。また、業者により対応スピードも異なる為、次の入居者を早く探す為には、早めに対応してもらえる業者を選ぶことも重要になる。早めに綺麗な状態に戻すことが必要になる。

大規模な修繕や模様替え

インテリア

大規模修繕や大規模模様替えは建築基準法で定められていることがあるので、行なう前にはいろいろやることがある場合もあります。主にマンションなどで行なうことが多いので、管理人や住居者への不便を軽減してくれる良質な会社を選ぶと良い修繕や模様替えが行なえると思います。

Read More..